今、個人や法人がウェブサイトをワードプレスで作る意味

個人がドメインを取得してウェブサイトを作る意味は年々減っています。
理由としては個人が情報を発信する手段やツールはいわゆるホームページを自分で作らなくてもできるし揃っているからです。
コミュニケーションツールであればFacebookを使えばいいし、情報を拡散したいのであればTwitterがあり、ホームページを持ちたいなら無料のアメーバブログやFC2ブログ、ライブドアブログとなんでも揃っています。
物を売りたいのであれば出店無料になったヤフーショッピングがあり、その他楽店市場やAmazon、LINEモールと揃っています。

では、個人がドメインを取得してウェブサイトを作る意味はまったくないかというとそうではありません。
こんな時にあると便利です。個人事業主であり、自分のビジネスを詳細に情報発信し、顧客獲得に特殊な要件を必要とする場合です。
例えば、受注生産制で対応している場合、価格は顧客のオーダーによって変動します。
こういった場合は独自の計算式を持った見積もりフォームが必要となります。
また、スタッフの管理と顧客からのオーダーを連動させたい場合もストアマネージメントとカスタマーマネージメントを持ったウェブサイトがあると便利です。

法人であればウェブサイトを単なる所在地の確認、事業内容の確認をしてもらうだけで使うのであればFacebookでFacebookページを作ればいいのですが、より良い人材を求めるために求人案内に特殊な仕掛けをしたいのなら自由度の低い既存ツールは不便です。
例えば、特殊なスキルを持つ人材を募集するのであれば、ネットからエントリーシートに申し込みできるだけでなく、診断表やスキルチェックシートがあると人材の絞り込みができます。

それから既存顧客とのフォローに使うと便利です。コミュニケーションツールとしてFacebookを使う企業は多いと思います。良い時は良いのですが、不味い時は最悪になります。顧客同士が繋がっているため、ひとつの顧客とのトラブルやクレーム投稿が意図しない形で共有され拡散される場合があります。
止める術はないのであっという間に築いてきたブランドは地に堕ちます。

顧客が多くなればなるほど確率的に意図しないトラブルも増えるので、独自ウェブサイトにコミュニケーション手段があった方がより安心です。

まとめると、なんちゃってで作るなら既存ツール。より深く専門性を持ったウェブサイトを作るなら独自ウェブサイトを構築するということです。言ってみれば、深く専門性を持たないサイトでなければコスト面で割に合わないということです。趣味は別です。
専門性を持ったウェブサイトは高度な知識と技術が必要になるのですが、近年人気のWordPressというカスタマイズが可能なブログを使うことで時間もコストも低減することができます。
美容室や整体院の予約システムも比較的簡単に作ることが出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mhs/paso2.net/public_html/wp-content/themes/paso2/single.php:199 Stack trace: #0 /home/mhs/paso2.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /home/mhs/paso2.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mhs/paso2...') #2 /home/mhs/paso2.net/public_html/index.php(17): require('/home/mhs/paso2...') #3 {main} thrown in /home/mhs/paso2.net/public_html/wp-content/themes/paso2/single.php on line 199